相手に与える影響

売掛金の回収をする際は、当事者同士で行ってもうまくいかないことがあります。相手側に支払い能力が無かったり、そもそも連絡が取れなかったりと、大きな損失を生む可能性もありえるので、自分たちでは解決できないと思ったら、急いで弁護士に連絡して対応してもらいましょう。弁護士に売掛金回収を依頼するのには多くのメリットがあり、よりスムーズに問題を解決することができます。

弁護士に売掛金回収を依頼する最大のメリットは、相手側に弁護士がいることを知ってもらえることにあります。ただ弁護士が間に入るだけでも、相手にとっては訴訟の準備があるという、非常に大きなプレッシャーとなります。こちらにその気が無かったとしても、相手側は訴訟を起こされたらこれから先の事業が立ち行かなくなる可能性も出てくると、どうにかして対処しようと動くので、少なくとも売掛金をすべて失うような事態にはならないでしょう。

弁護士に依頼することは、話し合いの機会を設けやすくなるメリットにもつながります。もちろん弁護士を呼ぶことで訴訟を起こすこともできますが、あくまで訴訟は最後の手段です。必要最低限の返済額でも時効を防ぐことができますし、調停で分割払いに変更するなど、これから先も問題なく返済を行える状態にお互い歩み寄ることもできます。これから先も取引先との関係を大事にしたいときも、弁護士に一度相談するのをお勧めします。